FC2ブログ
 
■プロフィール

関西メディアアカデミー

Author:関西メディアアカデミー
【関西メディアアカデミー】
少人数制の徹底した個人指導で
アナウンサーやDJ・MCとして
活躍するための「正しい日本語」
と「人に上手に伝えるテクニック」
を習得できます。
所在地:大阪 江坂

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

この春イチオシ!
こんにちは~。
寒いとは言え、少しずつ春めいてきましたね~。
とうとうスプリングコートを着始めた福本です。

さて、先週はメンバーがみんなお休みだったので、
池田先生でマンツーマンのレッスンでした。
1時間半、すべてわたしのものだなんて!ありがたやーm(__)m

で、ニュース原稿を何本か読んでひとつずつアドバイスをいただいたあと、
その後つなげて全部読みました。

マンツーマンだとたくさん聞いてもらえますが、
休憩がほぼないので疲労困憊、体力が落ちたなと思いました…
腹筋、背筋と持久力の強化を仕舞おうかなければ!

そして、最後に池田先生が持つてきてくださった課題をしました。
ある関西ローカルのニュース番組で特集されていた、
百貨店の春のイベントに関するお話です。

通常のニュース原稿とは読み方が異なり、「読む」よりは「伝える」ということが更に大事になります
(通常の原稿でも伝えることは大事なのですが、読み方が違うのですよね…)。

なので、自分の色も出さないといけないですが、
大げさにしすぎるとヘンになります。
こういう原稿は特に難しいですね。

1回目は立てないといけないところを立てようとしたあまり、ゆっくりになりすぎて、
大げさというか、聞いていて退屈になるような感じになりました。
テレビで読むものをイメージしたので、
あまりゆっくりだと聞く方もしんどいですよね。

その反省を踏まえて2回目。
全体的にはテンポよく、でも立てるところはゆっくりとしましたが、
最後の部分が普通のスピードになってしまい、
ゆっくり読むことができませんでした。

通常のニュース原稿の時に言われている、
抑揚のない読み方を直さなければならない、という課題が
ここでも浮き彫りに…残念です。

毎回池田先生には同じことを指摘されています。
そろそろ次の段階に進まなくては!

次のレッスンでは特に抑揚の付け方に気をつけていきたいと思います。

以上、冬物を仕舞おうかどうしようか悩んでいる福本がお伝えしましたー。

スポンサーサイト
未分類 | 18:43:19 | トラックバック(0) | コメント(0)
がいしょう!
こんにちは。
春の嵐に見舞われ、足元がすっかりびちゃびちゃの福本です。

さて、先週は大前先生のレッスンでした。
原稿を何本か読んだのですが…
その中でわたしが毎回間違う言葉が出てきました。

それは「がいしょう」。

皆さんご存知の通り、「外務大臣」を略して「外相(がいしょう)」と言いますが、
わたしはなぜかいつもそれを「がいそう」と読んでしまうのです。

なぜなのか…と考えてみました。

わたしは以前、医療関係の仕事をしていたのですが、
「がいしょう」といえば「外傷」イメージが強いのだと思います。
で、つい読んでそのままの「がいそう」になってしまう、と…
いや、「がいそう」も「咳嗽」という医療用語があるのですが、
でも外傷の強いイメージに引きずられているんだろうなぁと思いました。
なので、おバカをばらしてしまいかなり恥ずかしいのですが^^;
ここに書くことで覚えるだろうという気持ちで今回のテーマとしました。

皆さんはご存知のことと思いますが、思い込みでよみかたを間違うこともあるんだなと思っていただければ幸いです。

以上、まだ靴と靴下が濡れていて気持ち悪い福本がお伝えしましたー。

未分類 | 19:11:29 | トラックバック(0) | コメント(0)
考えすぎない!
桜が少し咲いたかな、と思いきや、急に冬に逆戻りの寒さですねぇ。
思わずコタツに潜り込む福本です。

さて、先週は池田先生でした。
「考えすぎない方が、ちゃんと伝わるように思う」とのアドバイスでした。

アクセントを細かく調べることに時間をとられていましたが、
それをやめると
(もちろんあやしいアクセントは調べますよ)
練習する時間が増えて、意味の取り違えも減るんですよね。

今までのやり方を変えるのは勇気がいりますが、
変えてみたら自分に合っていた、ということですね。

この数年間はなんだったのか、とも思いますが、
いや、でもそれがあったからこそ、読みの基本が確立できてきたと思えば無駄ではないのでしょう(と自分に言い聞かせて…)。

今日も考えすぎずに、たくさん練習することを意識してがんばります!

以上、春物のコートをいつ着たら毎年悩む、
寒がりで暑がりの福本がお伝えしましたー。

未分類 | 18:57:26 | トラックバック(0) | コメント(0)
テンポって難しい!
こんにちは~。
気がつけばあっという間に3月です。
これはウカウカしていると、いつの間にか年を越すのでは…と焦っている福本です。

さて、前回はお久しぶりの大前先生でしたー。
宮崎でのお仕事があったそうで、まだ3月なのに、
小麦色に日焼けされていましたよー♪

さて、そんな大前先生に
早速テンポアップで読むニュースを聞いていただきました。

結果は…早すぎ。

テンポは確かにいいけれど、
その分目立たせたいところが目立っていない
(名前とか数字とか)とのこと。
全体的に早めなため、一本調子の、
耳で聞いただけではわかりにくい読み方になっているということですね。

うぅーん、困りました…

福本のよくいえばまじめ、
わるくいえば柔軟性のないところが出てしまいました。

テンポよく→早めに読む
という方程式を頭に描いた結果、
そちらに気をとられすぎて、内容を伝える、ということを
疎かにしてしまったということですね。

もちろん、ニュースの内容にもよるとは思います。

スポーツであればわりと知られていることが多い
(野球であれば、プロ野球チームの名前、活躍した選手名、成績の一般的な表現方法など)
ので、テンポ重視でも伝わりやすいと思います。
ですが、例えば事故のニュースであれば、事故が起こった地名、被害にあわれた方のお名前や容体など、
聞き慣れていない言葉であればあるほど
ゆっくり丁寧に伝えないと伝わりませんものね。

原稿の内容によって、
よりよい読み方、表現の仕方を
ちゃんと考えないといけないなぁということを学びました。

まだまだです…がんばります!

以上、プロ野球の開幕も近づき、
焦りの中にも3月が楽しみな気持ちになってきた福本がお伝えしましたー。

未分類 | 18:25:43 | トラックバック(0) | コメント(0)