FC2ブログ
 
■プロフィール

関西メディアアカデミー

Author:関西メディアアカデミー
【関西メディアアカデミー】
少人数制の徹底した個人指導で
アナウンサーやDJ・MCとして
活躍するための「正しい日本語」
と「人に上手に伝えるテクニック」
を習得できます。
所在地:大阪 江坂

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

コブのアナウンス奮闘記~Lesson2~
“ プロ意識を持つ ”

これ、今の私に必要なことだと思います。

レッスンの帰り道、自分の未熟さを感じながら、肩をすぼめて歩きました。



雲行き怪しい出だしからこんにちは(=^▽^=)ノ、コブです♪
今回は、個人的な内容かもしれません。
受講を考える方の参考になるかは分かりませんが、
リアル奮闘記ということで、ご了承いただければ幸いです。


さて、何があったのかと言いますと。

今週のレッスンでは、とあるショップのCM原稿を読みました。
大前先生の計らいで、マイクを使い、録音もしていただきました。
浜口さんからは、編集者目線でのコメントをいただきました。

1人ずつ、順番に、マイク片手に原稿を読みます。

・・・ここで、私はモーレツに緊張したのです。

それだけでなく、照れて、はしゃいでいました。
「うわ~、緊張する」とか、「機材が目に入ると余計にダメだ」とか言いつつ、
おかしなテンションで読み(さらに噛み)、自分の声を聞くときも、
「恥ずかしい」と、上着を頭からかぶって隠れたりしていたんです。

さながら、パーティやイベントで突然マイクを渡された子どものように・・・。

レッスンを振り返り、技術云々の前に、その行動を反省しました。
みんな、目標を持ってこの教室に通っています。
仲良しごっこをしに来ているんじゃない。(仲良しですけどね^^)

プロになるために、来ているのです。

私も、アナウンサーになりたい。
プロ意識を持たなくてはいけない、と感じました。


そこで、プロとは何かを私なりに考えてみた結果、
「求められるパフォーマンスをすること」
だと思いました。

例えば、
私は歯並びの関係で【サ行】の発声が苦手なのですが、
それに甘んじて「言いにくいね~難しいから仕方ないね~」じゃなく、
「言わなくてはいけない」。
トレーニングをするなり、歯列矯正をするなりして、「言えなくてはいけない」。

言い方を変えると、
「別に言えなくてもいいけど、その場合は仕事をもらえない」ということ。


つまり、「恥ずかしい~(*/ω\*)」なんて言ってる場合じゃないのだ!!


関西弁で言うところの、私は「緊張しぃ」です。
緊張するのは仕方ないかもしれません。慣れるしかないのかもしれません。
でも慣れていても、本番はきっと緊張するでしょう。

今回のような緊張も、レッスンのうちですよね☆
緊張しているなかで、いかにベストな、求められるパフォーマンスが出来るか。
普段から意識と志を高く持って学び、身に着けていきたいと感じました。


ところで、反省はしましたが、落ち込んではいませんよー。
反省したり、凹んだりするのって、きっとそこが自分の伸びしろ。

背筋伸ばして、頑張ります!!


長くなったので、詳しいレッスン内容は~Lesson3~でお伝えします♪

コブタ
スポンサーサイト





未分類 | 13:47:16 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する